2016年03月21日

成功事例より失敗事例を修正した方が良い

人の思考や考え方も、人の数ほどある!

と言われるが、

会社も組織の数や方針の数だけ、

いろんなものが存在しますね。







私も、これまでいろんな会社に所属してきたけど、

大抵の組織は、「成功事例」を欲しがりますよね。

確かに、いかに早く売上や成果をあげるには、

「成功」した人の事例や手法は必要ですし、

それを標準化するのも大切ですね。




しかし、うまくいかないケースもありますよね。

理由としては、

@「できる人」を妬む傾向
A個人的に上司が嫌い
B楽したい!!
C自分に合わない

などなど。

たくさんの「やらない理由」が出てきます。









ネットワークビジネスを一時期したことがありますが、

ここで必ず言われる言葉で、

「成功者の真似をする!」




まぁ、ネットワークビジネスだけでなく、

どんなビジネスでも言われている言葉ですけどね。

そんな中で、ビジネスの世界で成功する人は5%と言われている。




それは、成功している方の手法や考え方を純粋に真似ができないから。

また、その方を信用していないから、だと思う。

だから、ビジネスに参加しても失敗する方が多いのですけどね。

私も、先行している人を信用しなかったから失敗した(笑)




そんな経験もあり、いろいろと考えたり、思ったりしたり

本を読んだりした結果、1つの答えを見つけて、

辞める覚悟で、その時した仕事で実践した。









結果、不振店を立て直したり、

新店の立ち上げに大いに役に立った。



その答えとは、「成功事例」を集めるのも、もちろんだけど、

失敗事例も集めたこと。



エジソンの言葉

「私は失敗したことがない。
ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」

をヒントにやっただけ。




成功事例でうまくいく場合もあれば、

失敗事例からも成功を導くことがある。




失敗があるから成功があるので、

成功を求めるなら、その原点の失敗を修正した方が良い!

と思います。



本当に、

失敗を恐れず、やりたいことをやれば良い!




本日も読んで頂き感謝します。

失敗学 [ 畑村洋太郎 ]

失敗学 [ 畑村洋太郎 ]
価格:1,512円(税込、送料込)



posted by シュウ at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。